自動車保険の補償の内容と保険金を受け取るまでの大まかな流れ

自動車保険は、もちろん事故に備えるための保険になります。

万が一事故が発生した時には、様々な形で補償がおりる訳です。

ただしその補償の内容も、1つだけではありません。

例えば、相手に対するケガです。

交通事故が発生した時には、もちろん自分がケガしてしまう事もあります。

しかし自分だけでなく、相手がケガをしてしまう事もある訳です。

自動車が誰かに衝突してしまえば、医療費などの支払いもあり得ます。

その料金が、保険料で支払われるという補償があるのです。

それだけではありません。

相手の物の破損に関する補償もあります。

交通事故では、相手の車などが壊れてしまう事もあるのです。

その際の補修費なども、自動車保険でおりる事になります。

もちろん相手だけではないのです。

自分達も同様です。

車を運転していた本人に対しては、保険料がおりる事になります。

また自動車には、誰かが一緒に乗っている事もあるでしょう。

家族と一緒にドライブしていて、交通事故に遭遇する事例もたまにあります。

その時は、同乗者に対しても保険がおりる訳です。

それと自分の車に対する補償です。

例えば車がぶつかった時などは、車の修理費用なども発生するでしょう。

また万が一の盗難などもありえます。

その際は、車両保険が適用されるのです。

修理費用などのお金も、保険でおりるシステムになります。

このように様々な形で、保険金がおりる訳です。

実に複数の種類がある訳ですが、保険商品によって補償の対象も異なります。

幅広い状況を補償してくれる保険もあれば、そうでないタイプもある訳です。

なお上記の保険料は、所定の手続きを踏んだ上で支払われる事になります。

その流れですが、まず事故が発生した時の連絡です。

交通事故が発生したら、契約者は保険会社に連絡をします。

それで状況によっては、保険会社が相手と示談をする事もあります。

相手にケガをさせてしまった時には、保険会社の担当者が交渉を代行してくれる訳です。

それで話し合いの結果、具体的にお互いにどれ位の金額を負担するか決定される事になります。

それで最終的に保険会社から、その所定のお金が支払われるという流れになります。

ただし支払われる金額の具体的数字は、交渉期間にも左右される一面はあります。

交渉が長期化しますと、それだけ多くのお金を払う事になるからです。

ですから上記の保険料は、すぐに支払われるとは限りません。

具体的にいつ頃に保険料が支払われるかは、それこそ状況次第です。

自動車保険の乗り換え先のおすすめはどこでしょうか?

「いざ、事故が起きたら?」自動車保険の事故対応が気になる方は、以下のサイトで事故対応満足度を見てみませんか?

自動車保険(任意保険)の事故対応満足度ランキング|安い・良い・悪い・拠点数・休日・時間・24時間・解約・流れ・警察・おすすめを比較